「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:管理人雑記( 5 )
更新強迫症
 日記タイプのブログの場合は、ほぼ毎日のように更新することになる場合がほとんどでしょう。それもまた意義のあることではないかと思います。
 しかし、学術系のブログの場合、その性格を考慮すれば、じっくりと考える期間が必要な場合があると思います。一、二ヶ月、更新しなくても当たり前だぐらいに構えていてよろしいのではないでしょうか。更新強迫症に襲われないよう、焦らず、長く続けて下さればよいと思います。
[PR]
by dongurim | 2007-02-12 18:11 | 管理人雑記 | Trackback | Comments(0)
学術系のブログをめざす方へ
 学術系のブログを探し出している際に気付いた点を挙げます。学術系のブログといっても、ほとんどのものが、情報が無秩序に並んでいるという印象を与えます。通常のホームページと比べ、知りたい情報がすぐに引き出せません。 カテゴリ化が不十分な場合もありますが、カテゴリを選択したとしても、先に来るべきものが後に来ているので非常に読みにくいのです。おそらく通常のホームページを見慣れている人であれば、すぐに気付く点だろうと思います。このことは閲覧が敬遠される要素になると思います。
 最大の原因は日付に縛られていることです。既に掲載したいくつかの学術系のブログにおいては、その対策がなされています。たいへん参考になります。
1.目次(メニュー)のようなものを作り、そこから過去の記事へジャンプさせる。
 (ジャンプのさせ方が分からない人は、各ブログサービスのhelpや掲示板などで探してみて下さい。)
2.日付は記事の順番を決めるだけのものとして扱う。
  (たいていのブログサービスでは日付は後から付け替えられるようになっています。)

 もちろん、あえて学術系を目指しているのではなく、日記として、メモ帳として、備忘録としてブログを用いているだけだという方には関係のないことです。
[PR]
by dongurim | 2005-07-24 13:12 | 管理人雑記 | Trackback | Comments(0)
「学術系ブログの情報サイト」の開設
 2005年7月12日
「学術系ブログの情報サイト」を開設しました。
[PR]
by dongurim | 2005-07-12 10:30 | 管理人雑記 | Trackback(2) | Comments(1)
学術に特化したブログサービス
 学術に特化したブログのサービスを提供する動きがあるようです。
ただし、有料です。大学などの学術機関を対象としているもようです。
 このようなサービスをどこかのブログサービス提供会社が一般の人に無料で提供してくれるといいのですが。
[PR]
by dongurim | 2005-07-12 09:20 | 管理人雑記 | Trackback | Comments(0)
ブログサービス選びについて
 学術系ブログを色々とのぞいてみると、必要とされる特徴がわかってきます。 ここで、学術系ブログの作成という観点から、このサイトがサービスを受けているエキサイトブログを評価してみました。
 エキサイトのブログサービスが学術系に用いられる理由がうなずけます。

<学術系ブログがエキサイトブログを採用する利点>

1.ブログの公開・非公開を選択できる。記事ごとの公開・非公開も可。
  (有料でないとこれができないブログがある)

2.記事タイトルの上部に日付の載らないテンプレートがある。
  (日記として使うわけではないので、日付は無用。かえって、あると目障り。必要なら自分で書き込めばよい。)

3.カレンダーを非表示にできる。
  (学術系ブログにカレンダーの表示は意味がない。邪魔。)

4.サイドバーにある項目の表示する順番を変えられるし、非表示にもできる。
  (簡潔なブログに仕上げられる)

5.未来の日付で投稿できる。日付を付け替えることができる。
  (トップページを作ることができる。日付は記事の順番を決めるのに使うだけだ)

6.目障りな広告が載らない。


<問題点>

1.学術系ブログに適したセンスのよいテンプレートがない。
  (CSSやHTMLの編集ができるので、それで何とかカバーするしかない)

2.サイドバーにではなく、タイトルと一緒に副題(説明)を載せられるテンプレートが用意されていない。
  (gooブログのようにできるとよいのだが)
[PR]
by dongurim | 2005-07-11 18:45 | 管理人雑記 | Trackback | Comments(0)